2012年9月17日月曜日

ダストキャップ交換

Madone 4.5のステムとハンドルバーをRXXXLに交換したので、コラムスペーサーとダストキャップも色を合わせるために交換しました。スペーサーはBontragerのカーボンスペーサーセット\3,500。

せっかくなのでダストキャップもカーボンにしたかったのですが、お店で相談してみてもFSAのアルミしか合うものがないということでアルミで我慢。価格はたしか\4,000ほど。

でもフレーム、スペーサー、ステムがグロスフィニッシュなのにダストキャップだけがマットフィニッシュなので、どうもしっくりこない。こうなったらヘッドセットを丸ごと交換しようかとネットで情報収集。

Cane Creekの110シリーズのインテグラル用のトップだけ買えば使えそう。

2012年3月24日土曜日

Bontrager Oracle Helmet

春夏用のウェアやシューズを物色していたら、今年はブラックとイエローが個人的な流行色になりそうなので、ヘルメットも新しいものが欲しくなりました。今使っているのがBontragerのサーキットヘルメットのホワイト。2012モデルのMadone4.5に良く似合うカラーリングで気に入っているのですが、黒いウェアとの組み合わせだとちょっと浮いてしまいます。

そんなわけでBontragerのOracleのブラックに狙いを定めてセンター北のバイクプラス港北NT店へ。ネット上のレビューでは前後に長く頭の両サイドが当たってしまうというものがちらほら。若干の不安を抱えつつ試着。

頭は結構丸い方だと思いますが、意外と平気でした。サーキットヘルメットに比べると確かに頭頂部両サイドが当たる気がしますが窮屈というほどでもない。店頭にあったMETのインフェルノを試してみたり、カタログを眺めながらスタッフさんと相談し、LAZERのHeliumやGenesisも悪くないかと思いましたが、結局デザインが気に入ったOracleを注文。店頭には在庫がなかったので1週間ほどの入荷待ち。

2012のRadioshack Nissan Treckのジャージも予約してあるので、Oracleの2012モデルが出たらまた買ってしまいそうな気がします。被る頭が1つしかないのが悩ましい。

OracleはMサイズでも300gを超えるので、軽さ最優先であれば候補に挙がらないと思いますが、通気性の高さと空気抵抗の低さは優れています。実際の性能は走行してみてからのお楽しみ。

2012年1月9日月曜日

Bontrager RL Cage

2012年の初乗りはバイクプラス港北ニュータウン店まで往復わずか10kmの道のり。

年末に注文してあったボトルケージが届いたと連絡があったので取り付けに行ってきました。最近ほとんど乗れていないせいか体が相当なまっている様子で巡航速度は35kmくらい。街中は信号が多いのでこれ以上スピードを上げる気がしないというのもあるけれど。今年はもっと長い距離を乗るように心がけよう。自転車に乗れない腹いせに買い漁った防寒ウェアのおかげで寒さはまったく感じない道行きでした。坂が多いので寒いどころか汗をかくほど暑くなってしまいました。

で、お店で取り付けてもらったのが↓の画像のレースライトボトルケージ。色はフレームに合わせてマットホワイト。なかなか綺麗な造りで\1,800/1個とお手ごろ価格。重量は38g。カーボンのレースXライトカーボンケージは23gとさらに軽量ですが\6,500/1個。わずか15gの差のために\4,700追加はちょっと・・・。

で、帰宅後に写真を撮っていて気が付いたのですが、TREKのサイトの画像と実物の色が違う。↓がサイトに掲載されているもの。カラーリングとロゴの色が少々異なるようです。特に問題はないのですが。

ボトルは2012のレディオシャック ニッサン トレックのモデルが出たら買い増すつもりでとりあえずバイクプラスさんのオリジナルボトルを2本買ってきました。Webの画像で見る限りBontragerのものとまったく同じ形状なので同じOEM工場で製造されているのかも。なのでガタもなくケージに完璧にフィットしています。