2017年6月30日金曜日

ナカガワサイクルワークス エンドワッシャー ファーストインプレッション

近頃話題のナカガワ・エンドワッシャー(前後セット10,800円)を買って見ました。

http://www.nakagawa-cw.co.jp/accesories.html

数ヶ月前からFacebookのタイムラインに流れてくる記事でその存在は知っていましたが、眉唾ものかなと思ってスルーしていました。その後販路を拡大したのか自転車店からのメルマガ等で度々目にするようになり、またちょっと気になり始めました。ネットで記事を見てみると総じてポジティブなので、金ドブ覚悟で試してみることにしました。

TポイントがそこそこあったのでYahooショッピングで購入。Amazonでは販売されていないようです(2017年6月30日現在)。流通量が少ないのか注文してから入荷まで待つこと1ヶ月少々。
届いたのがコレ。取扱説明書と黒いワッシャー4個が入った簡素な包装。とても1万円超えの商品には見えない。反面捨てるゴミが少なくて済むのは嬉しい。
一応ざっくり計量してみたところ、4個で20g少々。7kgオーバーの自転車の総重量からすれば0.3%未満。誤差の範囲ですね。
取り出してみたところ。この6mm突起がフレーム、フォークのエンド部分の隙間を埋めてくれるという仕組みです。フロント用とリア用の区別があって、フロント用には上側に小さな穴が開けてあります。

というわけで早速取り付け。週末まで我慢できないので、平日の通勤で主に使用しているアルミフレームのロードバイクBianchiのImpulsoに取り付けてみます。一応フォークはカーボン製らしい。ホイールはMavicのCosmic Elite。スチールのエアロスポークに35mmハイトのアルミリムなので頑丈かつ重いです。
取説にしたがって、スキュワーを外してタケノコバネを抜きます。
そしてワッシャーを挿入。これでフォーク先端の隙間が埋まり、スキュワーの締め付ける力が全周均等にかかるので、ハブ軸のたわみがなくなるとのこと。
スキュワーを差し込んで、
ナットを固定して完成。
下の方の画像がワッシャーなしですが、見た目にはほぼわかりませんね。
フォークを下から見たところ。確かに隙間がなくなっています。
一方でリア側は画像ではちょっと見にくいですがハブとワッシャーの間に1mm程度の隙間があります。

さて、実際の効果ですが公式ウェブサイトの説明では、使用者の感想として下記のようなコメントが掲載されています。

実際にご使用いただいた方々からは、
 フォークエンドの剛性感を感じ、逆にホイールのたわみを感じる!
 下りの高速コーナーが安定する!
 コーナーリング中の状況を感じやすい!
 ダンシングのダイレクト感が増した!
 中級クラス以下のカーボンフォークには効果絶大!
 回転が良くなったせいか、下りのスピードが伸びるようになった!
 全体的にフレームの剛性が上がった!
などの感想を頂いております。

通勤で往復およそ30km、概ね平坦、行きは一部下り、帰りは一部登りを走ってみた感想としては、

  1. ハンドル、フォーク、ホイールの一体感を感じる
  2. 剛性の向上。乗り心地が悪くなった
  3. 下りの安定感
  4. ハブがよく回る
といったところ。だいたい公式の説明と一致しています。この手の商品については懐疑的なので、どうせ気のせいレベルだろうと思っていたのですが、意外に効果が実感できて驚いています。普段からカーボンフレーム×アルミハンドル、カーボンフレーム×カーボンハンドル、アルミフレーム×アルミハンドルなど乗り分けているのですが、大して乗り心地の違いが気にならないほど乗り心地については鈍感です。

特に1のハンドルからホイールまでの一体感が新鮮。10%超の登りでハンドルを振った時にヨレる感じが全くなく、腕の動きに自転車全体がダイレクトについてきます。

全体的に剛性が上がり、遊びやヨレが減ったため、舗装のよくないところを走ると細かい凹凸もしっかり拾ってしまい、乗り心地は悪く感じます。これはフレームやホイールとの相性によってはデメリットになるので、できれば実際に買う前に試せるといいですね。

ハブの回転もスムーズになるので安ホイールなのにちょっといいホイールに換えたように錯覚します。乗り心地の件も含め、相性が合えば1万円は高くないんじゃないでしょうか。

山へロングライドに行った時の感想、カーボンフレームで使ってみたらどうなるかはまた別途書きたいと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿